星の金貨 -Die Sterntaler-

星の金貨 -Die Sterntaler-

07/13(土)11:00

ドラマ
一挙放送配信

番組内容

“せつなくもどかしい”ラブ・ストーリーとして日本中の涙を誘った感動のシリーズ。

耳と口が不自由ながら、持ち前の精神力とバイタリティーで強く明るく生きるヒロインと、彼女を愛しながら、記憶をなくしてしまった男の純愛ラブ・ストーリーとして話題となった「星の金貨」。

<みどころ>
女は言葉をもたない 男は記憶をもたない

酒井法子、大沢たかお、竹野内豊が、恋のせつなさやもどかしさを純愛ラブストーリーで描いていく。
ヒロイン彩(酒井)は、口と耳が不自由だが強い精神力とバイタリティーで明るく生きている。北海道の片田舎で育ての親でもある老医師・森岡(大滝)の元で看護の手伝いをする中、父親の生き方を否定し、この田舎の診療所で精力的な医療活動を行う秀一(大沢)と恋に落ちる。そして互いのその愛の強さを確信したときに、二人は結婚を誓うのだった。
その秀一が迎えに戻ることを約束したまま記憶喪失になってしまったら……。
また、兄秀一とは正反対の、純粋がゆえに時に激しく感情をぶつける拓巳(竹野内)の彩に向ける想い──。
“言葉を持たない女”と“記憶を持たない男”の愛の行方をカタルシスに描いていく。

■ストーリー
東京の大病院・永世会病院の御曹司で、北海道の片田舎で医療活動に従事している永井秀一(大沢たかお)が、心優しい、口と耳が不自由な女性、倉本彩(酒井法子)と恋に落ちた。この秀一には拓巳(竹野内豊)という3歳年下の母親の違う医師の弟がいた。エリートの秀一と違い、出来の悪い拓巳は女遊びなど、不評を買うようなことを繰り返す。だが、拓巳は本当は心優しく、ガラスの様なハートを持っており、これを知る人は少ない。そんなある日、彩にプロポーズして東京に向かった秀一が空港で頭を強打した──。

キャスト・スタッフ ほか

◆出演
酒井法子、大沢たかお、竹野内豊、細川直美、西村知美、大滝秀治(特別出演)、酒井和歌子(友情出演)、伊武雅刀、田中美奈子、竜雷太 ほか

◆スタッフ
【脚本】龍居由佳里
【演出】吉野洋、猪股隆一
【音楽】溝口肇

◆その他
【主題歌】酒井法子「碧いうさぎ」

◆地上波放送日
1995/4/12~1995/7/12

OAスケジュール