ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞‐

ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.2 -大英帝国の醜聞‐

06/24(金)22:00

ステージ

番組内容

時は19世紀末、 大英帝国最盛期(パクス・ブリタニカ)のロンドン――。

古くから根付く完全階級制度により、上流階級の人間達に支配されている「大英帝国」。
生まれ落ちた時から一生涯の身分が決まるこの社会制度は、
必然的に人間同士の差別を生んだ。
そんな中、階級制度による悪を取り除き、理想の国を作ろうとする青年がいた。

これはジェームズ・モリアーティ、
或いはシャーロック・ホームズの 敵(かたき)の話――。

【STORY】
第一楽章「バスカヴィル家の狩り」
ロンドンの貧民街で子供たちの誘拐事件が発生していた。
フレッド(赤澤遼太郎)はそれが貴族の“人狩り”によるものだという情報を掴む。
子供たちを救いたい気持ちと、ウィリアム(鈴木勝吾)の計画に邪魔になるのではないか
という迷いで、思い悩むフレッド。その想いをモラン(井澤勇貴)に相談するが…。

第二楽章「二人の探偵」
“犯罪卿”という至高の謎の虜になった探偵シャーロック・ホームズ(平野良)は
ヨークからロンドンへ向かう汽車の中でウィリアム(鈴木勝吾)と再会する。
歓談の最中突如起きる殺人事件。その容疑者は相棒のジョン(鎌苅健太)だという。
真の容疑者を見つけるため、ウィリアムとシャーロックが競い合う!

第三楽章「大英帝国の醜聞」
陸軍省情報部長官のマイクロフト(根本正勝)は、ヴィクトリア女王より
王室から盗み出された重大な“機密文書”を取り戻すよう指令を受ける。
ターゲットは“あの女”と呼ばれる、アイリーン・アドラー(大湖せしる)。
アルバート(久保田秀敏)が指揮するMI6は、文書奪還とアイリーンの抹殺に動き出す。
同じ頃、アイリーンはシャーロックへと接触を果たしていた。
“禁秘”の文書の内容と、アイリーンの真の“望み”とは…!?
犯罪卿と名探偵、美貌の悪女。奇妙な三角関係が、大英帝国の醜聞を暴き出す――。

キャスト・スタッフ ほか

◆出演
ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ:鈴木勝吾 シャーロック・ホームズ:平野良/
アルバート・ジェームズ・モリアーティ:久保田秀敏 ルイス・ジェームズ・モリアーティ:山本一慶
セバスチャン・モラン:井澤勇貴 フレッド・ポーロック:赤澤遼太郎/
ジョン・ H ・ワトソン:鎌苅健太/
ミス・ハドソン:七木奏音 ジョージ・レストレード:髙木俊/
アイリーン・アドラー:大湖せしる マイクロフト・ホームズ:根本正勝

 

アンサンブル:安島萌 荒木栄人 伊地華鈴 大澤信児 上條駿 熊田愛里
佐々木駿也 白崎誠也 桃原華恋 永咲友梨 堀部佑介 松谷嵐

 

Piano:境田桃子 Violin :林周雅

 

◆スタッフ
原作:構成/竹内良輔  漫画/三好 輝『憂国のモリアーティ』(集英社「ジャンプSQ.」連載)
脚本・演出:西森英行
音楽:ただすけ
主催:マーベラス、TCエンタテインメント

 

◆制作年
2020年

OAスケジュール