七海ひろき「One-man LIVE773“GALAXY”」

七海ひろき「One-man LIVE773“GALAXY”」

10/20(火)21:00

音楽

番組内容

2019年3月24日宝塚歌劇団を退団後、アーティスト、俳優、声優、ラジオパーソナリティーなどで活躍の場を広げ、2019年8月21日リリースしたメジャーデビューミニアルバム「GALAXY」発売。
「GALAXY」を引っ提げ開催された初ワンマンライブ「One-man LIVE773“GALAXY”」の東京追加公演(2019年9月20日かつしかシンフォニーヒルズモーツァルトホール)を映像化!
1,300人のファンで会場は埋め尽くされた中、披露したオリジナル楽曲5曲は、全て七海ひろき自身が作詞。
リード曲「Ambition」をはじめ、「片思いの君へ」「GALAXY」、カバー曲から尾崎豊の「I LOVE YOU」、ウルフルズの「バンザイ~好きでよかった~」、それに加えてアンコールで、自身初の作曲によるバラード曲「愛し君へ」(作詞も七海ひろき)を初披露するなど全15曲を熱唱した。

 

◆七海ひろき プロフィール
2003年3月宝塚歌劇団に89期として入団し宙組に配属。2009年に『薔薇に降る雨』の新人公演で初主演。その後『風と共に去りぬ』のスカーレット、『ベルサイユのばら‐フェルゼンとマリー・アントワネット編 -』のオスカルなど宝塚歌劇代表作の大役を好演。2015年4月に星組へ組替え後『燃ゆる風 - 軍師・竹中半兵衛 -』で単独初主役を演じるなど、男役スターとして活躍。2019年3月24日付けで宝塚歌劇団を退団し、プロダクションレーベル「アンドステア」に所属。2019年8月にキングレコードよりメジャーデビューを果たし、2020年4月15日にフルアルバム「KINGDOM」を発売。2020年7月「科白劇 舞台『刀剣乱舞/灯』綺伝 いくさ世の徒花 改変いくさ世の徒花の記憶」に、細川ガラシャ役として出演。
現在、アーティスト・俳優・声優・ラジオパーソナリティとして多方面で活躍中。

 

 

キャスト・スタッフ ほか

◆出演
七海ひろき

◆公演日
2019/9/20(金) かつしかシンフォニーヒルズモーツァルトホール

OAスケジュール