トップ > 韓流 > 【字】韓国ドラマ「サム、マイウェイ〜恋の一発逆転!〜」

韓流

【字】韓国ドラマ「サム、マイウェイ〜恋の一発逆転!〜」

【字】韓国ドラマ「サム、マイウェイ〜恋の一発逆転!〜」

  • 新登場
  • START

放送日時

新登場
◇3月放送予定
3月18日(月)スタート
毎週(月)〜(木)17:30 (2話連続放送)

[3月]パク・ソジュンに胸キュン!出演作2作品放送

3月は、今やトップスターとなったパク・ソジュンの出演作2作品を放送。
じれキュン必至のラブコメディ「サム、マイウェイ〜恋の一発逆転!〜」、チソンとパク・ソジュンが男性同士でベストカップル賞を受賞し、ブレイクのきっかけとなった作品「キルミー・ヒールミー」をあわせてお楽しみください。

番組情報

パク・ソジュン×キム・ジウォン共演。安定の友情が恋に変わる時!?アラサー男女のリアルを描く、じれキュン必至のラブコメディ!
ときめくハズなんてなかったのに!?

今やトップスターの座に君臨する、“メガヒット保証俳優”パク・ソジュンが、等身大の普通の若者を明るくコミカルに熱演!
ちょっと鈍感ながら繊細な心を持つドンマンというキャラクターに息を吹き込み、幼なじみで大切な“女友達”とのなかなか発展しない恋や、1度は挫折した夢に向かって再挑戦していく姿をリアルに体現。格闘技選手という役柄そのものの鍛え上げられた肉体を披露したり、直球すぎて気持ちいいほどの愛情表現など、胸キュン&ドキドキ要素も満載。
財閥もエリートも出てこない普通の市民生活を舞台に、諦めた夢に再び向かっていく若者たちの“恋と人生の成長痛”をポップに描いた本作。生き生きとしたキャラクター設定やテンポのいいセリフ回し、随所に盛り込まれた笑いと涙など、緩急自在な展開にハマる視聴者が激増。並みいる強豪作を押しのけて同時間帯1位を勝ち取ると、最終回まで快進撃を持続した。

等身大の若い男女の夢と現実、じれったい恋模様をハイテンポで描き、感情移入度100%!絶賛と共感の嵐が止まらない!
30才も間近になって、やりたいことが出来ないまま、しがない日々を暮らす2人の男女。20年来の幼なじみの彼らは互いに何でも言い合える “友達以上恋人未満”な関係。タイトルの「サム」は、韓国の言葉で喧嘩の意味の“サウム”×男女の微妙な関係を表す“ソム”を掛けており、そんな2人が我が道を行くストーリーは “サム、マイウェイ”そのもの。ともに好意を抱いているのに、友達関係から抜け出せない2人の恋のもどかしさは、“サムマンティック”という新語も生んだ。一方、交際6年の“恋人以上結婚未満”なカップルは長すぎる恋愛生活に疲れも出て、なかなか結婚に踏み切れない。2つのカップルが抱える問題は、愛していても態度に出せなかったり、互いの距離感が掴めなかったり、些細な言葉の行き違いで誤解が生じたりと、現実的なことばかり。観ているうちに感情移入してしまい、彼らを応援しながらたくさんの元気をもらえること請け合いだ。

■ストーリー
高校時代、テコンドー選手として名を馳せながらもワケあって引退し、現在はダニ駆除業の仕事をするコ・ドンマン(パク・ソジュン)。20年来の幼なじみ、チェ・エラ(キム・ジウォン)もアナウンサーになる夢を諦めて、今はデパートの案内係。2人は同じアパートに向かい合って住み、何でも言える仲。ある日偶然、デパートの館内放送を任されたエラは、それをきっかけにアナウンサーの夢をもう一度目指そうと決意。ドンマンも再び格闘技に挑戦するきっかけを掴む。そんな中、ドンマンの前には有名アナウンサーの元カノが、エラの前にはハイスペックな新カレが登場。ただの親友のはずだった2人の仲に微妙な変化が生じ始める…。

キャスト・スタッフ ほか

【出演】
パク・ソジュン(コ・ドンマン役)、キム・ジウォン(チェ・エラ役)、アン・ジェホン(キム・ジュマン役)、ソン・ハユン(ペク・ソルヒ役) ほか
【演出】
イム・サンチュン(「ベクヒが帰ってきた」)
【脚本】
イ・ナジョン(「オー・マイ・ビーナス」)、キム・ドンフィ(「優しくない女たち」)
【韓国放送年】
2017年
【話数】
全16話

OAスケジュール

  • 3月放送予定

「日テレプラス」ご視聴方法

ご視聴方法ボタン

お知らせ

お知らせ一覧へ

ご視聴方法

  • スカパーでみる
  • J:COMでみる
  • CATVでみる
  • ひかりTVでみる
  • auひかりでみる

twitter

日テレプラス Channel

もっと見る