トップ > 韓流 > 【字】韓国ドラマ「ディア・マイ・フレンズ」

韓流

【字】韓国ドラマ「ディア・マイ・フレンズ」

【字】韓国ドラマ「ディア・マイ・フレンズ」

  • 新登場
  • START

放送日時

新登場
◇1月放送予定
1月14日(火)スタート
毎週(月)〜(木)17:30(2話連続放送)

番組情報

37歳の独身女性パク・ワン(コ・ヒョンジョン)の視線で60〜70代のお年寄り、いわゆる“コンデ”(頑固な旧世代の人を卑下する隠語)たちの人生を描いたドラマ

「大丈夫、愛だ」「その冬、風が吹く」「彼らが生きる世界」など、繊細で重みのある筆力を披露してきたノ・ヒギョン脚本家が、中国市場向けに若いアイドル俳優を起用する韓国ドラマ界の風潮へのアンチテーゼとして執筆し、60〜70代の黄昏世代をリアルで愉快なタッチで描いたドラマ

●「まだまだ終わってない!人生、これからだ!」“黄金青春たち”の人生賛歌!
母として、娘として、そして、一人の女性として共感し、親の人生を、そして、子供の人生を、見つめ直せるヒューマンドラマ!

●韓国ドラマ界の大ベテラン俳優が大集結!これまでなかった超豪華キャスティング
韓国のベテラン俳優として名だたる俳優陣が総出演し、話題に!韓国ドラマの母親役・父親役として馴染みの、超豪華俳優陣が大集合。50余年に渡ってお茶の間を振るわせてきた最高の演技派俳優たちと、女優コ・ヒョンジョンが一堂に会したことで期待を集めた作品。

●コ・ヒョンジョン×チョ・インソン、「春の日」以来11年ぶりに共演!
ドラマ「春の日」以来約11年振りの共演となった、コ・ヒョンジョンとチョ・インソン。劇中、お互い愛し合いながらも別れようとする元恋人を演じている二人の恋の行方に最後まで目が離せない!

●「大丈夫、愛だ」「その冬、風が吹く」のノ・ヒギョン作家&「マイ・シークレット・ホテル」ホン・ジョンチャン監督
繊細で重みのある筆力を披露してきたノ・ヒギョン脚本家が台本を手掛け、「マイ・シークレット・ホテル」を手掛けたホン・ジョンチャン監督がメガホンを取り、どの世代からも共感を得られ、リアルかつ感動的な世界観を披露!

●チョ・インソンからダニエル・ヘニーまで豪華な特別出演ライナップに注目!
超豪華主演俳優たちのキャスティングに続き、チョ・インソン、イ・グァンス、ソン・ドンイル、チャン・ヒョンソン、ダニエル・ヘニーという特別出演ライナップで話題に。特別出演した俳優らは、単発の出演ではなく、比重のある役で、ドラマ全話を通して存在感を見せ、ドラマに活力を与えた。


■ストーリー
独身で売れない作家のワンは、母親のナンヒから自分の友達の話を小説にかいてみたらと提案される。小説の取材も兼ねて、一緒に同窓会に行こうと誘うナンヒに対し、「コンデたちの話なんかだれが興味をもつのよ」と拒否反応を示すワン。
夫に先立たれた後、息子たちが自分の面倒を見ることに負担を感じ、一人暮らしを決心するヒジャ。毎日、娘たちの家で家事をやり、お金をもらうバイトをしながら、夫のソッキュンが昔言ってた世界旅行をいまだに信じているジョンア。ワンは、いつものように、そんなおばさんたちを言い訳に、自分を無理やり同窓会に連れて行こうとするナンヒに対する文句打ち明けた。それを聞いてくれる人は、年下の元彼氏であるヨンハだ。
結局、ワンは、母親のナンヒ、ヒジャ、ジョンアと共に同窓会に向かうが、向かう途中に車のバッテリーが切れたり、ヒジャが突然トイレに行きたがるなど、紆余曲折があったが、なんとか同窓会にたどり着く。しかし、そこにはより大きな難関が彼女たちを待ち受けていた・・・

キャスト・スタッフ ほか

【出演】
コ・ヒョンジョン(パク・ワン役)、キム・ヘジャ(チョ・ヒジャ役)、コ・ドゥシム(チャン・ナンヒ役)、ナ・ムニ(ムン・ジョンア役)、ユン・ヨジョン(オ・チュンナム役)、シン・グ(キム・ソッキュン役)、チョ・インソン(ソ・ヨンハ役) ほか
【演出】
ホン・ジョンチャン(「マイ・シークレット・ホテル」「ドクター異邦人」)
【脚本】
ノ・ヒギョン(「大丈夫、愛だ」「その冬、風が吹く」)
【制作年】
2016年

OAスケジュール

  • 1月放送予定

「日テレプラス」ご視聴方法

ご視聴方法ボタン

お知らせ

お知らせ一覧へ

ご視聴方法

  • スカパーでみる
  • J:COMでみる
  • CATVでみる
  • ひかりTVでみる
  • auひかりでみる

twitter

日テレプラス Channel

もっと見る