トップ > 韓流 > 【字】韓国ドラマ「赤と黒」

韓流

【字】韓国ドラマ「赤と黒」

【字】韓国ドラマ「赤と黒」

  • 新登場
  • START

放送日時

新登場
◇12月放送予定
12月5日(水)スタート
毎週(月)〜(金)11:40(2話連続放送)

[11・12月]キム・ナムギルに惚れる!主演3作品連続放送!

影のある役も、ひょうきんな役も、セクシーに演じるキム・ナムギル。「サメ 〜愛の黙示録〜」「医心伝心〜脈あり!恋あり?〜」「赤と黒」と、彼の魅力が存分に楽しめるラインアップを連続放送。キム・ナムギルに惚れてください!

番組情報

キム・ナムギル×キム・ジェウク共演の復讐劇。
「アジア・レインボー・TVアワード2011」最優秀監督賞受賞。
自分からすべてを奪い去ったヤツらに復讐するためならば、喜んで悪魔になる!

「冬のソナタ」「雪の女王」「ごめん、愛してる」ヒットメーカー、イ・ヒョンミン監督が贈るスタイリッシュ韓流ドラマ。劇的なストーリー展開、禁断の恋、詩情あふれる映像美などが凝縮された珠玉の一作。
「善徳女王」ピダム役で大ブレイクしたキム・ナムギル×「コーヒープリンス1号店」キム・ジェウクら、人気実力派俳優が集結。さらに、豊原功補ら、演技派日本人俳優も出演、日韓俳優陣の豪華競演も見どころ。ハン・ガイン、オ・ヨンス、チョン・ソミンの美しい女優対決からも目が離せない。
日本ロケ(三重、岐阜、名古屋など)を敢行し、韓国と日本の両国が舞台となった。
この作品でキム・ナムギルは、日本での人気を不動のものとした。

■ストーリー
幼い頃、無理やり育ての両親から引き離され、ヘシングループの後継者として会長の寵愛を受けて育てられたゴヌク(キム・ナムギル)。 しかしDNA鑑定で本人ではないと判明すると、野良犬のように容赦なく捨てられた。 自分の人生を滅茶苦茶にしたヘシングループへ復讐を果たすため、彼の長く緻密な計画がここから始まる。
明るく、少女のように天真爛漫なヘシングループ会長の末娘モネ(チョン・ソミン)と、長女として父親の事業のために政略結婚を受け入れたテラ(オ・ヨンス)。モネには婚約者がいたのだが、偶然に出会った妖しい魅力を秘めた謎の男に心を奪われてしまう。謎の男こそ、成長したゴヌクであった。ゴヌクとの出会いを運命だと信じるモネと、ゴヌクを無視するテラ。姉妹とゴヌクを巡る危険な恋の駆け引きが始まる…。
会長の妻であるシン夫人から信頼され、夫人主催の美術展示会の準備に没頭するジェイン(ハン・ガイン)。 彼女は会ったことがないグループの二男、テソン(キム・ジェウク)に狙いを定めていた。目的は、憧れのセレブ生活を手に入れること。ある日、ゴヌクと一緒にいる姿をジェインに見られてしまったモネは、とっさに兄のテソンだと嘘をついてしまう。 ゴヌクは自分をテソンだと思い込んでいるジェインに対し、あえてテソンの振りをし続ける。こうして、二人の運命的な出会いが始まった。
一方、テソンはグループ後継者のひとりではあるが、シン夫人の子ではなく、会長と別の女性との間に生まれた子供のため、 家族の愛を感じることができないまま育った。そんなとき、孤児院出身のソニョンを愛したテソンだが、 彼女を不幸にしてしまうことを恐れ、別れる決心をする。しかし、そのあと彼女は、テソンが住むマンションの屋上から転落死してしまう。 彼女を死なせた自責感を抱いたままテソンは日本に向かう。テソンの秘書としてヘシングループに雇われたゴヌクも日本へ。さらに、本物のテソンが居るとも知らずに、シン夫人の命を受け、特別な仮面を買い付けるためジェインも日本へと向かう機内にいた…。


キャスト・スタッフ ほか

【出演】
キム・ナムギル(シム・ゴヌク役)、キム・ジェウク(ホン・テソン役)、ハン・ガイン(ムン・ジェイン役)、豊原功補(龍先生役) ほか
【演出】
イ・ヒョンミン(「雪の女王」「ごめん、愛してる」)
【脚本】
イ・ドヨン、キム・ジェウン、キム・ソンヒ
【韓国放送年】
2010年
【話数】
全17話

OAスケジュール

  • 12月放送予定

「日テレプラス」ご視聴方法

ご視聴方法ボタン

お知らせ

お知らせ一覧へ

ご視聴方法

  • スカパーでみる
  • J:COMでみる
  • CATVでみる
  • ひかりTVでみる
  • auひかりでみる

twitter

日テレプラス Channel

もっと見る