トップ > 韓流 > 【字】韓国ドラマ「愛の温度」

韓流

【字】韓国ドラマ「愛の温度」

【字】韓国ドラマ「愛の温度」

  • 新登場
  • START

新登場
◇7月放送予定
7月10日(水)スタート
毎週(月)〜(木)17:30(2話連続放送)

番組情報

人気急上昇中の若手俳優ヤン・セジョン初主演作。

想いを測れたら、どんなにいいだろう。

恋心を隠すヒロイン×恋心に真っ直ぐな年下シェフ
はがゆくも愛らしい、年の差純愛ラブストーリー。

●韓国中が今、彼に夢中!理想の年下男、ヤン・セジョンのキュン言動にノックアウト!
モデルとして活躍していたが、2016年に演技の世界に飛び込んだヤン・セジョン。「浪漫ドクター キム・サブ」でドラマデビューした後、「師任堂(サイムダン)、色の日記<完全版>」でソン・スンホンの子役を演じて話題を呼び、その後もドラマ「デュエル〜愛しき者たち〜」に出演するなど、俳優デビューから2年で早くも続々と話題作に出演する彼が本作「愛の温度」で大ブレイク!
好きになった女性には駆け引きせず、素直に行動する爽やかさ200%の料理人ジョンソンを熱演。一目で恋に落ちた6歳上のヒロインに想いを包み隠さず、ストレートに、かつスマートに表現する姿が乙女心をキュンと刺激する!そのハマり役ぶりに韓国では“国民の年下男”という呼び名も。恋に臆病になった年上女性の心を真っ直ぐな笑顔で溶かす新生ライジングスターが誕生!

●現実を見すぎてしまう年上ヒロインに「また!?オ・ヘヨン〜僕が愛した未来(ジカン)〜」のソ・ヒョンジンが好演!
年下男子に想いをぶつけられ、心が揺れながらも現実的に考えすぎてしまい恋に踏み出せないヒロイン・ヒョンス役には「また!?オ・ヘヨン〜僕が愛した未来(ジカン)〜」で多くの女性の共感を得たソ・ヒョンジン。恋は落ちるものではなく、自分の意志で選択するものだと思っていた現実的な脚本家ヒョンス。年下のジョンソンに無意識に惹かれつつも、社会の目を気にして、自分の思いのまま行動できず、結局ジョンソンとは離れ離れになってしまう。恋愛を感情的よりも計画的に考えてしまう大人女性が真っ直ぐな年下男子と出会い、恋する気持ちを素直に受け入れていく姿は、恋に臆病になった女性たちの共感を呼ぶこと間違いなし。

●「テバク〜運命の瞬間〜」演出家×「ドクターズ〜恋する気持ち」脚本家の豪華タッグ、そして…
演出は、チャン・グンソクを主演に迎えたドラマ「テバク〜運命の瞬間〜」で壮大な歴史エンターテイメント超大作を魅せたナム・ゴン。脚本は、“大人胸キュン”ドラマ「ドクターズ〜恋する気持ち」のハ・ヒョンミ。そして…「ドクターズ」で神経外科のフェロー“ユ・ヘジョン”役を務めたパク・シネが、なんと同名の韓流スター“ユ・ヘジョン”として「愛の温度」に特別出演!

■ストーリー
ドラマの脚本家を夢見てアシスタントとして働くヒョンス(ソ・ヒョンジン)は、後輩のホンア(チョ・ボア)とランニング同好会に参加し、フレンチシェフを目指すジョンソン(ヤン・セジョン)と出会う。出会ったその日にジョンソンはヒョンスに告白。6歳年下の男性に甘く見られた!と思うヒョンスだが、しだいに2人の距離は近づいていく。
そんな中、ヒョンスはジョンウ(キム・ジェウク)の芸能事務所で働くことになり、ジョンソンも尊敬しているシェフから声をかけられフランスへ行くことになるが、すれ違いが元でフランス行きをヒョンスに伝えられず2人はそのまま離れてしまう…。そして5年後――

キャスト・スタッフ ほか

【出演】
ソ・ヒョンジン(イ・ヒョンス役)、ヤン・セジョン(オン・ジョンソン役)、キム・ジェウク(パク・ジョンウ役)、チョ・ボア(チ・ホンア役)、パク・シネ(特別出演)(ユ・ヘジョン役) ほか
【演出】
ナム・ゴン(「テバク〜運命の瞬間(とき)〜」)
【脚本】
ハ・ミョンヒ(「ドクターズ〜恋する気持ち」「上流社会」)
【韓国放送】
2017年

OAスケジュール

  • 7月放送予定

「日テレプラス」ご視聴方法

ご視聴方法ボタン

お知らせ

お知らせ一覧へ

ご視聴方法

  • スカパーでみる
  • J:COMでみる
  • CATVでみる
  • ひかりTVでみる
  • auひかりでみる

twitter

日テレプラス Channel

もっと見る