トップ > ドラマ > 続・星の金貨 −Die Sterntaler−

ドラマ

続・星の金貨 −Die Sterntaler−

続・星の金貨 −Die Sterntaler−

  • 一挙放送

放送日時

◇3月10日(日)一挙放送
11:00 全12話

≪こちらも放送!≫
星の金貨 −Die Sterntaler− 完結編スペシャル
◇3月10日(日)21:50

番組情報

“せつなくもどかしい”ラブ・ストーリーとして日本中の涙を誘った感動ドラマの続編。

■内容
あれから1年、北海道の僻地で医療活動を行っていた彩(酒井法子)と拓巳(竹野内豊)が、園子(西村知美)の結婚式に出席するために上京した。折しも、祥子(細川直美)は出産間近で、秀一(大沢たかお)も何かと忙しい。祥子は、個人病院に入院、医師・矢上俊明(沢村一樹)の診察を受けながら、その時を待った。やがて、陣痛が始まり、男の子が生まれるが──。

■あらすじ
彩と拓巳が北海道・美幌別の診療所に移って1年。二人は、東京の祥子が無事出産できるよう祈りながら、今日も僻地での医療活動に励んでいた。拓巳の愛を受け入れた彩は、満天の星の下で初めての口づけ──。
そんな二人が、園子の結婚式に出席するために上京した。
披露宴の会場で、彩と拓巳は、遅れて到着した秀一に、祥子が倒れたことから念のため個人病院に入院させている、と教えられた。
経過は良好で、祥子は、見舞いに行った彩と拓巳に、誇らしげに妊娠の状況を告げ、秀一との絆がより深まった、と話す。
その夜、彩を遊園地に連れて行った拓巳は、赤いバラの花を手に正式にプロポーズ。ようやく、彩の了承を取りつけた。拓巳の熱い想いが嬉しい彩。幸せいっぱいで有頂天の拓巳。二人は噴水の中に入り、手に手を取って踊った。
翌日、彩と秀一は、ひょんなことから、二人だけで言葉を交わす機会を持った。一人で買い物をしていた彩が爆発事件に遭遇、たまたまそばを通りかかった秀一と、ケガをしていた少女を助けたのだ。少女の治療を終えた二人は、互いの幸せを祈って別れた。
やがて、祥子の陣痛が始まった。秀一のそぶりから、秀一がまだ彩を愛していると見
抜いた祥子は、何としても子供を産む、と主治医・矢上俊明に訴え、手術室に入った。
ところが、祥子の母・貴子(丘みつ子)と共に廊下で待っていた秀一は、思わぬ知らせに愕然となった。元気な男の子が生まれたのだが、祥子が持病の心臓病のため死亡したのだ。
“神が僕に罰を与えた”と号泣する秀一。急を聞き駆け付けた拓巳も、わがことのように涙にくれた。
葬儀の日、彩を見つけた貴子は、疫病神とばかり、その頬を打つ。また、担当医の矢上は床に伏し、“申し訳ない”と泣き崩れた。

数日後、秀一は、子供を助けてくれた矢上が優秀な心臓外科だと知り、永世会病院に招聘。
だが、この時、秀一らは、祥子を死に至らしめた矢上の腹の内を全く知らなかった。

キャスト・スタッフ ほか

【出演】
酒井法子、大沢たかお、竹野内豊、細川直美(特別出演)、西村知美(友情出演)、戸田菜穂、沢村一樹、西尾拓美、来栖あつこ、佐多恵里香、山崎裕里、田中美奈子、丘みつ子
【地上波放送】
1996年10月9日〜12月25日

OAスケジュール

  • 3月10日(日)11:00〜12:15 #1
  • 3月10日(日)12:15〜13:05 #2
  • 3月10日(日)13:05〜13:55 #3
  • 3月10日(日)13:55〜14:45 #4
  • 3月10日(日)14:45〜15:35 #5
  • 3月10日(日)15:35〜16:25 #6
  • 3月10日(日)16:25〜17:15 #7
  • 3月10日(日)17:15〜18:05 #8
  • 3月10日(日)18:05〜18:55 #9
  • 3月10日(日)18:55〜19:45 #10
  • 3月10日(日)19:45〜20:35 #11
  • 3月10日(日)20:35〜21:50 #12[終]

「日テレプラス」ご視聴方法

ご視聴方法ボタン

お知らせ

お知らせ一覧へ

ご視聴方法

  • スカパーでみる
  • J:COMでみる
  • CATVでみる
  • ひかりTVでみる
  • auひかりでみる

twitter

日テレプラス Channel

もっと見る