トップ > 韓流 > [字]韓国ドラマ 恋のスケッチ〜応答せよ1988〜

韓流

[字]韓国ドラマ 恋のスケッチ〜応答せよ1988〜

[字]韓国ドラマ 恋のスケッチ〜応答せよ1988〜

  • 新登場

放送日時

新登場
◇10月放送予定
10月3日(火)スタート
毎週月〜金曜日17:30 

[10・11月]「恋のスケッチ〜応答せよ1988〜」ドラマも!バラエティも!

10月にはドラマを、11月にはドラマ出演者パク・ボゴム、リュ・ジュンヨル、コ・ギョンピョ、アン・ジェホンが“本当の青春” を探し求めて繰り広げるバックパック旅行記「花より青春 アフリカ編〜双門洞4兄弟」を放送。あわせてお楽しみください。

◇10月放送予定 ドラマ「恋のスケッチ〜応答せよ1988〜」
◇11月放送予定 バラエティ「花より青春 アフリカ編〜双門洞4兄弟」

番組情報

「雲が描いた月明り」パク・ボゴム×「運勢ロマンス」リュ・ジュンヨルが恋のバトル!?
笑って泣いて、胸キュン必至のハートフル・ラブコメディ!

第52回百想芸術大賞ほかアジア主要アワードで総計22冠!
韓国歴代視聴率No.1!(※ケーブルテレビ)数々の記録を塗り替え、社会現象を巻き起こした超話題作!

■韓国歴代視聴率No.1!コンテンツパワー指数ランキング第1位!!
アジア各国で社会現象を巻き起こした超話題作!
ケーブルテレビでは異例の最高視聴率18.8%という史上最高視聴率を記録した超話題作!!2015年、ケーブルテレビでは異例の大ヒットを記録した「ミセン-未生-」の視聴率をはるかに超た。また、中国での再生回数が2億回を突破するなど、韓国のみならずアジア各国でも人気を博し、日本でも大旋風を巻き起こす!

■「雲が描いた月明り」パク・ボゴム、「運勢ロマンス」リュ・ジュンヨルなど今をときめく若手実力派俳優たちが夢の競演!!
本作は「応答せよ」シリーズの第3弾!若手スターの登竜門ドラマとしても有名で、第1作目「応答せよ1997」では、主演のソ・イングクが出演を機に人気ドラマに引っ張りだこのスター俳優にのし上がった。本作でもパク・ボゴムが、時代劇「雲が描いた月明り」の主演に抜擢、リュ・ジュンヨルも「運勢ロマンス」でヒロインの相手役を務めるなど、出演俳優たちの勢いが止まらない!!

■ヒロインと結婚するのは誰?最後まで見逃せないラブコメディ!
ヘリ(Girl’s Day)演じるドクソンの結婚相手は誰?と予想しながら綴られていくラブストーリー!タイプが異なる3人の男性とのロマンスが展開されていく中で、シリーズ恒例の“未来の旦那さま探し”がネット上で話題沸騰! 度々出てくる現代のドクソンが過去を振り返るシーンでも、恋の行方に想像が膨らむヒントが散りばめられており、見どころになっている。青春時代の淡い恋心から大人の恋愛、結婚までの道のりをコミカルに描きながらも、時に涙ありと観るものを惹きつける要素満載!ヘリの笑いを誘う体当たりの演技も必見!

■家族の大切さを再確認できる、心温まるストーリー!
現代社会で希薄になりつつある人とのつながり、温かさをたっぷり描いた本作。家族同士、ご近所同士が助け合いながら生きていく姿に、幅広い世代の共感を獲得!リアリティーを追求し、その時代に流行したファッションや音楽など、日本の視聴者もなぜか懐かしく感じてしまうストーリー。人の心はいつでもアナログだということを気づかせてくれる名作!

見終わった後に、じわじわ、じわじわ、じわじわくる感動作。またにすぐに双門洞(サンムンドン)横町の住人たち、特にミランさんに会いたくなる!
日本の1988年を重ねながら見るとちょっと違和感があるものの、韓国の1988年をうかがい知ることができて面白い。
子どもたちのストーリーももちろん面白いが、このドラマは大人たちのストーリーにも注目してほしい。ラ・ミラン演じるミランがいい味を出している。キム・ソンギュン演じるミランの夫も、最初はちょっとイラッとして、なんでミランの夫がこの人なんだろう?と思ってしまうのだが、見終わった後には「イイ夫婦だなぁ」と思わせてくれる。
それから、ヘリが演じたヒロインが、なんだかとってもブサイクで、それを演じたヘリの“なりきり度”に感動すら覚える。彼女の演技にも注目してほしい。
このドラマで要注意なのが、2015-16年が描かれている部分。演じている役者にかなりの違和感を感じるが、これはヘリが誰と結婚したかを最後までわからせないための配役なので、それを理解した上で見てほしい。
さらに、「応答せよ1994」の登場人物スレギが、どこかでちょっぴり登場するので、それもお見逃しなく。

■ストーリー
1988年、韓国で初めてオリンピックが開催されるこの年は、国中がお祭り気分で活気に溢れていた。
学校の成績は999番、勉強よりもオシャレに興味津々の高校2年生ドクソン(ヘリ)は、両親と姉、弟の5人家族。姉ボラ(リュ・ヘヨン)とは犬猿の仲でささいなことですぐに取っ組み合いになるものの、勝つのはいつも、ボラだった。兄弟のように育った近所に住む幼なじみは、サッカー好きのジョンファン(リュ・ジュンヨル)、優等生のソヌ(コ・ギョンピョ)、そして天才囲碁棋士のテク(パク・ボゴム)。ある日、ドクソンは友人から「ソヌはいつもドクソンのことを見ている」と言われ、急にソヌのことを意識し始める。だがソヌが想いを寄せていたのは、ドクソンの姉ボラだった。それを知ったドクソンは一気に失恋。そんなドクソンの姿を見ていたジョンファンは、なぜかドクソンのことが気になっていた。さらにテクも、ドクソンのことが好きだと男性陣の前で宣言!そうとは知らずドクソンは、テクの食事の世話をするため囲碁の中国遠征に同行することに…。

キャスト・スタッフ ほか

【出演】
ヘリ(Girl's Day)(ドクソン役)、パク・ボゴム(テク役)、リュ・ジュンヨル(ジョンファン役)、コ・ギョンピョ(ソヌ役) ほか
【脚本】
イ・ウジョン(「応答せよ1994」「応答せよ1997」)
【演出】
シン・ウォンホ(「応答せよ1994」「応答せよ1997」)
【韓国放送年】
2015-16年
【話数】
全20話

OAスケジュール

  • 10月放送予定

「日テレプラス」ご視聴方法

ご視聴方法ボタン

関連リンク(外部サイト)

お知らせ

お知らせ一覧へ

ご視聴方法

  • スカパーでみる
  • J:COMでみる
  • CATVでみる
  • ひかりTVでみる
  • auひかりでみる

twitter

日テレプラス Channel

もっと見る